☆スマイルゼミが小学生と中学生におすすめな理由☆

イラスト スマイルゼミは小学生と中学生を対象とした通信教育です。

スマイルゼミを運営しているジャストシステム社は10年以上前から学校の教育現場と向き合って学習支援ソフトを作ってきた会社です。


なので、その経験とノウハウを生かして小学生と中学生がムリなく学習を続けられる環境を作ることができました。

スマイルゼミ小学生コースの授業スタイルは「まなぶ」「みまもる」「たのしむ」をベースにして作られています。


「まなぶ」は1日約15分の学習量で、お子さん一人でも学習に取り組めるスタイルとなっています。

「みまもる」は、お子さんが学んだもの学習進度や理解度を家族専用のタイムラインで共有する仕組みになっています。

「たのしむ」は各教科で「スター」がもらえ、貯まると楽しいアプリが出現仕組みになっていて子供たちの学習意欲を高める効果となっています。


スマイルゼミ中学生コースは、「オーダーメイド型」学習になっていて、一人一人の理解度に合った内容で勉強することができるようになっています。

また、高校入試を有利にするための「入試対策講座」や「英語プレミアム」などがあり、受験にもしっかり対応していて安心です。


ご興味のある方はまずは資料請求を!また、入会しても全額返金保証が付いているので安心です。

スマイルゼミを利用する親のメリットはこれ!

イラスト
以前は進研ゼミのチャレンジを受けさせていたのですが、正直かなりサボっていました。

そこで指摘すると怒って逆にやる気を失ってしまう事もあったり、親としてはしっかり勉強しているかをチェックしたいのですが、子どもにしたらあまり見られたくはないですよね。

 

そこでスマイルゼミなのですが、タブレットをいちいち見なくても別のパソコンからも学習の進み具合がチェック出来ます。

今はどのくらいまで進んだのか、どれだけ勉強したかなどがこっそりチェック出来てしまいますので、これが非常に親としては便利ですね。
ちなみに、講座ごとによってかかった時間もわかります。

 

そのため得意な講座と苦手な講座も一目瞭然なので、出来ているところは「○○今やってる?」「今やってるけど簡単だよ」なんて話しにして、自然にやる気を引き出しています。

スマイルゼミのみまもるネットの場合は、子供にとっては親から見られているという意識が低くなるので、指摘しても素直に聞いてくれるようになりました。

 

やった時間が出ますので、問題が解けないからといってそれを指摘しないですし、親子双方にメリットがありますね。

スマイルゼミを体験したママの感想ならこちら!

2015-05-04_1435

私の子供は勉強が出来ないわけではないのですが、勉強することが好きではなく、このままでは回りの子に置いていかれるのではないかと心配になるくらいで、少しでもいいから自分から進んで勉強に取り組んでほしいというのが親の気持ちでした。

そんなときに、私の目に止まったのがスマイルゼミでした。

 

何故かとゆうと、子供はタブレットやパソコンが好きだったからです。

スマイルゼミは、タブレットでタッチペンを使いながら勉強を進めていく方式だったので『これなら、進んで取り組んでくれるかも…。』と思いすぐに入会しました。

 

教材が届く事を内緒にしていたのですが、届いてタブレットで勉強すると説明すると喜んで『やってみたーい』と興味津々でした。

ちょっと、ゲームが出来たりして子供が勉強終わって息抜きで遊べるって感じで好印象でした。

 

そして、1日どのくらい勉強して、どこをしたのかなどが設定したメールに毎日送られてきて、子供のタブレットにメッセージを送る機能がついてあり、これは本当に助かりました。

パート勤務をしていたので帰ってから見なくても把握出来るし、何処で間違えたかも毎日送ってくると分かるので、苦手な部分が分かりその部分を理解するまで取り組んでいく事が出来たので、自然と成績が上がりました。

 

今までの文を見ると分かるかと思いますが現在は、勉強を進んで取り組んでくれる様になりました。

勉強方法がタブレットになっただけで『ゲームみたい』と楽しんでやってます。

 

今は、宿題をしてタブレット勉強をしよう。と約束をしてるので宿題も自ら進んでするようになりました。

私の感想としてはスマイルゼミを選んで良かったですし、これからも続けていこうと思ってます。

長期入院の子供の勉強はスマイルゼミでカバーしました

イラスト
以前娘が交通事故に遭ってしまい、半年ほど入院する事になりました。

半年も入院すると、また登校した時にちゃんと授業についていけるのかがとても心配で親子で勉強していたのですが、なかなか苦戦していました。

 

そんな時、小児学級で知り合った親子がスマイルゼミを使っていると聞き、実際に見せてもらって娘が興味を持ちましたのですぐに入会する事にしました。

やはり子供心にちゃんと勉強についていけるのか心配していたみたいですね。

学校の勉強の代わりになるのかとても心配していましたが、意外にも授業以上に進めて勉強していました。

 

先生が毎週プリントを持ってきてくれていたのですが、それもしっかり解けていて先生も驚いていたくらいです。

退院してからはすんなり授業に戻る事が出来たのですが、勉強に遅れは一切ありませんでした。

 

それどころか以前よりもテストの点数が良くなっていたくらいです。

今はもう元気に毎日登校していますが、スマイルゼミはそのまま続けています。

スマイルゼミとZ会で迷った結果、私が選んだのは!?

イラスト
幼稚園の間は、100円ショップで買った教材やインターネットから無料の素材をダウンロードして勉強をさせていました。

自分自身は、ベネッセの通信教育をやっていましたがほとんど手を付けずに終わっていましたので、子供には勉強って楽しいなと思ってほしく、はじめの取っ掛りが重要かなと思い各会社から資料請求をして比較検討しました。

 

最後にZ会とジャストシステムのスマイルゼミに候補が絞られましたが、Z会ははじめの取っ掛りとしては難しすぎるのではないかということと、スマイルゼミはタブレットで楽しみながら勉強できるのではないかということで、スマイルゼミにしました。

 

子供は、勉強が好きな子ではありましたが、特に自分から進んでやることがなかったのですが、今は毎日朝から弟とスマイルゼミをやりたがっています。

理由は、勉強が終わるとスターという星がもらえ、それを集めるとゲームが出来るからです。

 

うちは、DSなどを与えていなくてゲームが初めてでしたのでものすごくはまっています。

スマイルゼミは、一度終わった問題を再度解くことができ、「90点から100点になったよ!」などと教えてくれます。

 

親にも登録するとスマホにお知らせが来ます。

そのスマホと子供のタブレット間でラインのようなやり取りができよくできたね!などと激励の言葉を送ることもできます。

子供のやる気につながるので本当にやってよかったなと思っています。

スマイルゼミとチャレンジタッチを比較・料金の違いって!?

スマイルゼミ
チャレンジタッチ
スマイルゼミ1年生
3,600円
チャレンジ1年生
3,343円
スマイルゼミ2年生
3,900円
チャレンジ2年生
3,343円
スマイルゼミ3年生
4,400円
チャレンジ3年生
4,062円
スマイルゼミ4年生
4,900円
チャレンジ4年生
4,865円
スマイルゼミ5年生
5,400円
チャレンジ5年生
5,632円
スマイルゼミ6年生
5,900円
チャレンジ6年生
5,779円


※あくまで目安です。コースやクラス、支払方法によって違ってきますので、詳しくは実際のページをご確認ください。

イラスト
対応教科は、両方同じで
1・2年生が国語・算数・英語
3~6年が生国語・算数・理科・社会・英語となっています。

タブレット交換費用は、
スマイルゼミが27,000円
チャレンジタッチが13,300円

 

いろいろネットで調べてみたところ、

①料金的には若干ですがチャレンジタッチのほうが安いようです。

子供が使うものなので、壊れることはしっかりと想定しておいた方がいいと思います。

スマイルゼミには、「タブレットあんしんサポート」
チャレンジタッチには、「タブレットサポートサービス」

というのがあるので、保険に入るつもりで検討したほうが良いかもしれません。

 

②学習内容は、チャレンジタッチのほうが簡単なような印象を受けます。
しっかり勉強させたい親御さんにとっては物足りないようですし、勉強をする習慣をつけさせたいという親御さんには評判が良いようです。

 

③スマイルゼミには「みまもるトーク」というLINEのような機能があり、家族でコミュニケーションがとれるので結構評判が良い感じです。

 

どちらにしようか迷われている方は、まわりで実際にやられている人の話を聞いたり無料体験をするなどして検討してみるのが良いのではないでしょうか。

最後には、子供がやりたいほうをやらしてあげるのが長続きするコツだと思います。

スマイルゼミってどう?と思ってるママへ私の評判。

イラスト
小学2年生になった子供がタブレットで学習する通信教育に興味を持ちました。

勉強というより、遊び感覚でやってくれるかな?と思い、インターネットで探しだしたのがスマイルゼミでした。

 

ドリルやノートなど、紙に向かう勉強が苦手な我が子ですが、タブレットではゲーム感覚でできるらしく、自分から「今日も勉強するー!!」と言う様になりました。

自動丸つけ機能やわからない場所の解説がすぐ見れるところがいいと思います。

子供もその場で間違いに気づく事ができますからです。

 

従来の紙のテストでやりとりをしていると、返信がある頃には学校の授業は先に進んでいますから。

また、何でその回答を書いたのかも忘れている事も多いです。

 

タブレットでゲーム感覚で勉強出来ることにより、子供の学習意欲が向上し、親が怒る回数も減りました。

紙ベースの通信教育は子供が飽きてやらない事が多く、月謝の無駄遣いだと思っていましたが、タブレットは大丈夫でした。

やはり、子供が楽しけ続けられるのが一番だと思います。

進研ゼミからスマイルゼミに変えたママの口コミ!

進研ゼミのチャレンジタッチからスマイルゼミへ

イラスト
私がスマイルゼミをしてみようかと思ったきっかけは、テレビCMでした。

小学5年生の娘は、進研ゼミのチャレンジタッチのタブレットをさせていましたが、飽きてしまい、あまり進でなく悩んでいました。

 

そんなとき同じようにタブレットを使ったスマイルゼミを知り興味を持ちました。

金額的にはあまり変わらないのかなと思ったのですが、チャレンジのほうの内容が、この内容にしては、高いなあという印象があったので思い切って変えてみました。

 

スマイルゼミに変えようと思ったきっかけは

「みまもるトーク」というLINEのようなアプリがあり家族でコミュニケーションが取れるところ


標準クラスと発展クラスがあり、こどもの学力に合わせてくれるところ


もし辞めてもタブレットはインターネットを見るのに使えるところ

などです。

 

スマイルゼミは、内容がわかりやすく、いまのところ子供も楽しく学習してくれています。

小さいころは、みんなが知っているキャラクターでやる気がアップしましたが、5年生なると、キャラクターよりも、見易さ、わかりやすさ、色合いで、やる気がアップするみたいです。

 

小学生のうちに、勉強の習慣を身に着けることが目的で色々なことにチャレンジしましたが、スマイルゼミはおもしろさがあり、見ていて楽しそうです。

姉の様子を見て、下の子たちも、高学年になったらさせてみたいと思っています。

スマイルゼミと勉強サプリってどっちがいいの?

イラスト
スマイルゼミと最近話題の勉強サプリが、いったいどっちがいいのか比較してみました。

まず、はじめにスマイルゼミは小学1年生から中学3年生までに対応しているのに対して、勉強サプリは小学校4年生から中学3年生までの対象です。

なので、小学校1年生から3年生のお子さんは、基本的には勉強サプリは対象外です。

もちろん受験のために上の学年の勉強をさせたいと思われているなら授業を受けることは可能です。

スマイルゼミと勉強サプリを金額で比較

金額で比較してみると勉強サプリは1ヶ月980円と安いうえに、それ以外の金額が無いのでわかりやすい金額設定です。

それに対して、スマイルゼミは小学生が3,600~6,000円くらいの間で、「学年によって」・「支払方法によって」・「クラスによって」金額が変わってくるのでちょっとわかりにくいです。※詳しくはスマイルゼミのHPをご確認ください。

金額だけでみると、勉強サプリのほうが明らかにお得ですし、中学生になると金額面だけを見るとさらに差が出てきます。

スマイルゼミと勉強サプリを科目で比較

次に科目で比較してみると、勉強サプリは小学生は国語・算数・理科・社会の4教科で、中学生になると英語が加わります。

これに対してスマイルゼミは、小学生のときから5教科対応です。中学生になると定期テスト対策で音楽、美術、技術家庭、保健体育も学べることができます。

勉強サプリの評判を見てみよう

スマイルゼミは、学習のための専用タブレットを使いお子さん一人ひとりの能力に合ったキメ細かい対応がなされています。

そのため、勉強サプリと比べると金額が高いのだと思いますが、勉強サプリに興味のある方は実際に利用されている方たちの評判や口コミを聞いてみるのもいいと思います。

↓勉強サプリはこちらをクリック↓


→勉強サプリの評判と口コミ

スマイルゼミのCMをYouTubeでまとめてみたよ!

TV CM「続かない 女の子篇」|小学生向け通信教育 スマイルゼミ

TV CM「続かない 男の子篇」|小学生向け通信教育 スマイルゼミ

小学生向け通信教育|スマイルゼミ 小学生コース

中学生向け通信教育|スマイルゼミ 中学生コース

スマイルゼミをはじめたきっかけはCMです

イラスト
スマイルゼミをはじめたきっかけはCMです。

縄跳びをしながらサッカーをしながらタブレットを扱っている姿に子供が興味を持ち、やりたいと言い始めたからです。

以前は他の紙での教材をしていたのですが、やる気配がなく勉強しているかも分からずに放置してしまったので、本人のやる気とタブレットなら自分からで本当にやるかな?と希望をもって受講することにしました。

最初はタブレットなのでソファーにあぐらをかき行ってる姿に本当に勉強している?と疑問がありましたが、スマイルゼミはWEB上で勉強にどのくらい取り組んだのか表などで分かりやすくみられるため、私も勉強の進み具合、今日勉強した内容など分かり安心でした。

途中にアレ?ゲームしてない?と思っても勉強した時間に合わせて出来るスターアプリでゲームをやっているため、勉強と遊びのメリハリが付き、勉強している時により集中しているように感じます。

タブレットで持ち運びが楽なので、途中私のところに持ってきて自分から進み具合や点数を見せてくるようになりました。

本人は楽しそうです。

スマイルゼミを小学3年生からスタートしました!

イラスト
息子が3年生になるタイミングでスマイルゼミを始めました。

それまでは学校の勉強だけだったのですが、そろそろ学習能力に大きな差が付く時期だと思い、様々な勉強方法を検討しました。

 

息子は、スポーツをやっているので学習塾に通うのはちょっと難しかったので、通信教育の中で何かから探しました。

進研ゼミやZ会など色々悩みましたが、息子はゲームが大好きで、父親のタブレット端末も難なく使いこなしていたので、タブレット学習の中でも有名なスマイルゼミにしました。

 

勉強とは机に向かって、紙に書いてするものだという、祖母の意見もありましたが、それは学校で行っているので、家庭では無理なく楽しく学習してほしいと思いました。

ただ単にやれと言われたからやっている勉強では、身に入らないし意味がないと思ったからです。

 

スマイルゼミは、クイズ感覚で勉強する事ができるので、息子は親の私が「勉強しなさい!」という前に、自分から勉強するようになりました。

そのおかげで、楽しく学習する習慣も身につきましたし、成績も上がったのでとてもおススメだと思います。

☆スマイルゼミの無料資料請求はこちらをクリック☆